MINAMATAーミナマター

「MINAMATAーミナマター」

1970年代初め、世界的な報道写真家と称えられながらも、NYで酒浸りの

すさんだ生活を送っていたユージン・スミス。

そんなある日、仕事で出会った女性アイリーン・美緒子から、

日本の公害・水俣病に苦しみ、

企業と闘う人々を撮影するように勧められる。(キネマ旬報からの抜粋)

この作品を観た後は、当然いろんなことを考えさせられます。

作品の中でも、経営者側、雇われる側、被害者、写真を撮る側、撮られる側などなど。

いつもそうだけど、両方に言い分はあります。

でも、これは、経営者側の責任は大きく、明白だと思います。

金では、これは、解決しません。

最近は金で解決が顕著になっているし、謝った方が負けというおかしなこと?にもなっています。

日本も、今、まともな様でも、まだまだ、価値観や考え方、文化の違いは

あります。

ましてや、世界は、中国、ロシアを筆頭に?(笑)冗談です。

戦争に良い悪いもないと思うが、今回はロシアに分が悪いですよね。

ライフ誌も主人公のスミスも生きることに彼らなりに必死です。

それは誰もがそう。

だけど、やって良いことと、悪いことはある。

皆が良ければ、一部は(特に弱いもの)犠牲になっていいのか。

その犠牲者が自分だったり、家族だったり、周りのものだったら。

国に対してのけんかの売り方も難しいけどね。

 

戦争は殺し合い、政治家同士でやってほしいけど、

個人個人には、誇りと考え方はあるし、なかなか話し合いでは解決しませんしね。

 

コロナ禍、高止まり?

一昨日、大阪梅田で、メーカーさんと懇親会。確かに人の出は、まだまだ少ないです。

 

タイガース、やっと連敗が止まりました。

60年もタイガースファンやっとれば、これぐらいは、へのかっぱ。

というより、ある時を境に、こんなチーム、

真剣に応援出来んわというのが、正直な気持ちです。

でも、昨日は息子が応援に行っとりました。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17歳の瞳に映る世界

「17歳の瞳に映る世界」

「ブルックリンの片隅で」のエリザ・ヒットマン監督作。

アメリカのペンシルベニア州に住むオータムは、

友だちも少なく目立たない高校生。

ある日、オータムは自身が予期せず妊娠していたことを知る。

従妹であり親友のスカイラーは、彼女の異変に気付く。

(キネマ旬報からの抜粋)

「茜色に焼かれる」と一緒で、最低の男ばっかり登場します。(笑)

ドキュメンタリー風の作品で、

笑わないヒロインによる本当に、痛い映画。

現代の観るべき女性映画の一本と言われていますが、

さもありなんです。

原題が重要なセリフとして出てきますが、ちょっと待ってよ、その言葉と

言いたくなります。

今の風俗を描いていますが、僕としては、カラオケのシーンが

面白かったです。

 

タイガース、何とかしろよ!

 

米アカデミー賞もいい意味で進化していますよね。

以前は、英語圏を対象にした作品、そして、男性や白人が有利だと言われていましたが、

政治色も一段と強まり、懐の深さを感じます。

世界3大映画祭に(カンヌ、ベルリン、ベネチア)比べると、

どうしても格が落ちているように思っていたのですが、

世界基準を独自で作っているように思います。

時代が変わったと言えばそうなのですが、

LGBTなどにも光を当て、やはり、まだまだアメリカは

いろんなことを飲み込みながら良いも悪いも、世界の中心なんだなと

改めて思いました。

 

 

 

 

 

 

 

拳銃無頼帖 抜き射ちの竜

「拳銃無頼帖 抜き射ちの竜」

1960年 日活作品

さすがに、かっこいいぜ、

赤木圭一郎!

キャラは、石原裕次郎というより、木村拓哉に似ているか!

ジェームズ・ディーンが活躍していたあの頃、

一世風靡していたらしいのですが、

交通事故死という同様の亡くなり方をしたという事も、

伝説に拍車をかけたとか。

 

祝! 「ドライブ・マイ・カー」 米アカデミー賞受賞。

米アカデミー賞も、段々、国際化してきましたね。

まさか、昨年の8月末、封切り直後のミニシアターの

ガラガラの劇場で観た作品が、こんなことになるとは・・・・・。

全く、

予想していませんでした。

でも、当時のブログにも書いていましたが、本当に良い作品でした。

(その前の「寝ても覚めても」も)

改めて、濱口監督おめでとうございます!

いちファンとして・シネフェスで、お話ししたかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偶然と想像

「偶然と想像」

”偶然”をテーマに3つの物語が織りなされる「ドライブ・マイ・カー」濱口竜介監督初の

短篇集で第71回ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)受賞作。

親友同士、教授と生徒、同窓生の対話が

やがて変調し、人間の本性や

人生の断片を浮かび上がらせる。(キネマ旬報からの抜粋)

80点   脚本が素晴らしい。

偶然の出会いの数々の後、

想像の余韻に浸るストーリー。

しかし、面白い。

役者さんは、それぞれ熱演なのですが、特に古川琴音さんは、

凄みを感じました。

小津的?(僕はいつも書いていますが成瀬派です)

クラシック音楽も場面に合うし、

ある意味、エロい会話も相変わらず多い。(大人の会話?)

もちろん、会話のみならず、場面の転換も良かったです。

次回の作品も、ますます楽しみです。

 

春の選抜高校野球、大相撲大阪春場所、やっと、関西に春が来たような。

明日はプロ野球の開幕です。

ウクライナには、春はまだか。

コロナワクチン接種、3回目を2週間前に打ち終わりました。

初めて、翌日に肩の痛みが少しありました。

先日、弊社に北海道から20歳半ばの青年が面接に来ました。

旭川市出身で、人生をリセットして思い切って大阪で頑張る決意らしいです。

お笑いと野球が好きならしいです。

前日は吉本の劇場に行き、これから甲子園にセンバツを観に行くと言っていました。

このくそ寒いのにと思ったのですが、

「今日は暖かいですね。」と言っていたなぁと、思い出しました。

さすが北海道出身!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメアノ~ル

「ヒメアノ~ル」

2016年  吉田恵輔監督のサスペンス映画。

昨年の「空白」や「犬猿」なども面白かったので、

以前の作品ですが、観たかった映画です。

森田剛、濱田岳、ムロツヨシなど、

出演者も熱演、また、うまい。

あきさせもせず、面白いけど

もうちょっと、ひねりが欲しかった。

コミックの映画化だけに、ラストにオリジナル性というか、意外性があればなあ、とも。

今どきの風俗とか、男と女の描き方も今様でしたが、

途中でタイトルが出たと同時に

作風も変わったのは、面白かったです。

 

それにしても、ロシア様、そろそろ落としどころを見つけないと

とんでもないことになるかもです。

 

 

 

 

 

 

茜色に焼かれる ・ おおさかシネマフェスティバル

「茜色に焼かれる」

3月6日日曜日、3年ぶりの”おおさかシネマフェスティバル”

開催されました。

「茜色に焼かれる」は、主演女優賞と新人女優賞を記念しての上映でした。

私も、2回めなのですが、前回より、よく理解できたように思えます。

1点増やして、80点(笑)。

当たり前ですが、再度見た方が、納得することが多々ありました。

この時代を表している作品でした。

1本目の「COME&GO カム・アンド・ゴー」も去年、観ていたので、

その時間は、お客様のお相手やスタッフの方たちと旧交を温めていました(笑)。

 

制限や縮小の中、無事に開催されましたことを、まず、事務局に

お祝い申し上げました。

そして、来年こそは、花束贈呈や打ち上げパーティーなどが

復活できるようにお祈りしております。

今年度、実施されたことに意義があり、来年度につながると思います。

表彰式も、1時間の予定が、御年87歳の浜村淳さんが

エンジン全開絶好調で、しゃべるわ、しゃべるわ。

2時間を超えてしまいました(笑)。

しかし、大したもんです。

新人女優賞の、片山友希さんと、津田晴美さんの

おきれいなこと、キュートなこと!

いつも思うのですが、映画の中と違って、お化粧して私服で来られていますので

そのまばゆいこと、まばゆいこと。

オーラも半端じゃないですね。

また、私も1番前に座らせていただいているので

目の保養をさせていただきました。

(全員が後で申していたのですが、片山友希さん、ウエスト細すぎ!)

大久保佳代子さん、古田新太さんは、笑かしてくれました。

西川美和監督のお若いこと、おきれいなこと。

弟も、ワタクシもこの監督さんの作品は大好きなだけに

嬉しかったですが、

欲を言えば、打ち上げパーティーでお話しが聞ければ

もっと良かったのですが。

主演女優賞の尾野真千子さんは、昔から、演技に定評がありましたので、

良かったなと思いましたが、

それより、表彰式の尾野真千子さんは、

いい意味での本当のエンターテイナーだと、

感じました。

あの受け答え、そして、可愛い仕草。

会場にいらっしゃった方は、みんな大ファンになったのではないでしょうか。

さすがでした。

 

それでは、本当に皆様、有り難うございました。

来年度、お会いできるのを楽しみにしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狂猿

「狂猿」

1988年のデビューからデスマッチ第三世代として2000年代の

デスマッチシーンを席巻、現在に至るまで国内外における知名度、

人気、カリスマ性のすべてにおいてトップの座に

君臨し続けるプロレスラー、葛西淳。

狂猿(クレイジーモンキー)の愛称で

リングに強烈なインパクトを与え続ける。(キネマ旬報からの抜粋)

今のプロレスって、ここまでするのか!

中学生ぐらいの時、一時熱心に見ていたけど、ここ最近、ご無沙汰していました。

というより、インディーズ?と言われる

プロレスには、ほとんど知識がありませんでした。

今のプロレスも、やりすぎだと感じるのに、

これは、それを越えていると思います。

昔のプロレスが、牧歌的に思えます。

動くスピードも速いし、技も危険だし、実際、ここ数年、

大けがや、命を落とすものも多いみたい。どこまでエスカレートするのだろう、

客は、どこまで求めているのだろうか。(特に マイナー団体のデスマッチ)

僕は、国内で2回目の金網デスマッチを大阪府立体育会館で観ています。

国際プロレス、ラッシャー木村VSドクター・デスでした。

(その時に、カール・ゴッチやビル・ロビンソンやアンドレ・ザ・ジャイアントなども試合に出ていました。)  ともかく、

ここまでやらないと食っていけないのだろうか。

僕はいつもプロレスをサーカスに例えていますが、(体を鍛えた人のお披露目)

打ち合わせを越えていると思います。

唯一、娘さんが出てくる場面は、ほっとします。

しかし、生き様は凄い。が、

少し元気が出たのも、正直な気持ちです。

 

昨日の夜、NHKのゴールデンタイムで、”燃える闘魂 アントニオ猪木 ラストスタンド”が

放映されていました。

私も、録画された画像を、遅い夕食のカレーをほうばりながら観ました。

多感な中学生時代に入れ込んでいたA猪木を思い出しながら。

そして、なぜか、

いつの間にか、涙が出ておりました。

 

ロシア、ウクライナ侵攻の中、

そして、このコロナ禍。

いよいよ、3年ぶりに”おおさかシネマフェスティバル”が

復活致します。

コロナで、かなり制限や縮小があるのですが、

ともかく、良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

CUBE

「CUBE」

1997年制作 1998年公開の カナダ作品。

ヴィンチェンゾ・ナタリ監督作品

モーリス・ディーン・ホワイト

ニコール・デ・ボアー出演。

異色サスペンス。

しかし、余り緊張しない。

最近、日本でもリメイクされました。

結局のところ、いろんなことがなぜ起こるのか、よくわからないまま。

なぜ、なぜのオンパレード。

出てくる人にも肩入れできない人ばかりでした。

 

ロシア、ウクライナへ軍事侵攻!

植民地にするのではなくて、

これは、傀儡政権(操り人形)への侵攻やな。

 

 

 

 

 

アメリカン・ユートピア

「アメリカン・ユートピア」

元トーキング・ヘッズのフロントマン、デイヴィッド・バーンによる

ブロードウェイ・ショーを

「ブラック・クランズマン」のスパイク・リーが映画化。

バーンが11人のミュージシャンやダンサーと共に

計21曲を演奏し、

現代の様々な問題について問いかける。

(キネマ旬報からの抜粋)

まさに、プロの集団。

舞台で観るべきかも。

最初は、少し退屈かなとも思ったのですが、(笑)

さすが、スパイク・リー監督の演出力。恐れ入りました。

 

ウクライナ情勢、やはり気になります。

今、現在、欧州の人々、ロシア、

そして、米国、中国、日本人。その他の国々のひとたち。

同じ時代を、この地球に存在していても、

昔からよく言われていることですが、

考え方、価値観は、とんでもなく違いますね。

当たり前の話ですが、意見が合わなくて当然、

としてかからなければ。

難しいものです。

 

コロナ・オミクロン株、やや、減少?

 

いよいよ、3年ぶりのおおさかシネマフェスティバル、。

リム・カーワイ監督さんと再会も楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パワー・オブ・ザ・ドッグ

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

第78回ベネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)受賞作。

牧場を営む兄弟の家にやってきた、

弟の妻となった未亡人の女性とその息子。

二人を快く思わない兄は

敵意をむき出しにするのだが・・・・・・・。

(キネマ旬報からの抜粋)

「ピアノ・レッスン」のジェーン・カンピオン監督。

だから、演出は確かに、上手い。

映像もいいし、ベネディクト・カンバーバッチも素晴らしい。

評論家受けも良い。

映画的にもよく出来ているとは思うのですが、

ただ、僕的にはもう少し、遊びの部分というか、

肩の凝らない刺激的な、西部劇的な要素もあっていいんじゃあないかと、

勝手に思っております。ただ、そうすると

格調的な質は、たぶん、落ちますよね。

 

おおさかシネマフェスティバル、強行しそうですね。(笑)

コロナ・オミクロン株も、そろそろ?

ワクチン接種3回目の券、来ました。モデルナでも良かったのですが、またまた、

ファイザーでした。(笑)

 

冬季オリンピックも、そろそろ終盤。

スピードスケート女子団体パシュート、惜しかったですね。