11月 09

DUNE/デューン砂の惑星

「DUNE/デューン砂の惑星」

F・ハーバードの名作小説を「ブレードランナー2049」等の

Ⅾ・ヴィルヌーヴ監督が再映画化。

強大な帝国の支配下にある約一万年後の未来。

砂に覆われた惑星を舞台に、名家の跡継ぎである青年の

流転と宇宙の運命を軸にした壮大なドラマが展開される。(キネマ旬報からの抜粋)

この監督の作品の映像は、相変わらず凄すぎる。今回も、

正に、映像美の極致を目指している。

次元が違う映画です。78点

しかし、ストーリーが解かりずらい点がある。「スターウォーズ」や

「風の谷のナウシカ」などにも影響を与えたというが、

小説が書かれた年代の背景は、植民地からの反乱という世界の状態を

描いているらしい。

昔、Ⅾ・リンチ版があったよなあ、観ていませんが。

ちなみに、今回はパート1らしいです。

 

 

タイガース。終わりました。

今シーズン、笑うしかない結末。確かに最終近くまで

楽しませていただきましたが・・・・・。

本当に、もったいないシーズンでした。

前回書かせていただいたように、クライマックスシリーズは、

ペナントレースで優勝していなければ興味半減なのですが、

たまたま、チケットを入手致しまして、(しかもバックネット裏)

妻と、打倒ジャイアンツ!と意気込んで観に行ったのですが、

ご承知のような結果。

しかも翌日も今年を象徴するような負け方。

ホント、改めて言いますが、笑うしかないです。

あそこまで追い込んで・・・・・ただ、むなしい。

しばらく、引きずりそう(笑)。