12月 14

COME&GO カム・アンド・ゴー

「COME&GO カム・アンド・ゴー」

中国系マレーシア人の映画作家リム・カーワイの

”大阪三部作”最終章。

大阪の中心地”キタ”と呼ばれる北区梅田。

老婦人の遺体が発見され、警察の捜査が進む中、

外国からの観光客、難民、留学生、技能実習生らと

日本人の人間模様が

繰り広げられる。(キネマ旬報からの抜粋)

この日当日、なんと監督のリム・カーワイさんが

劇場内にいらっしゃいました。

たぶん、初日初回の反応を見られに来られたのだとは思いますが、

びっくりしました。

お写真を撮らせてもらい、パンフレットにサインを頂きました。

作品自体も、グランドホテル形式の群像劇で、

映画も良かったのですが、なんせ、私にとっても、思い入れの多いキタ。

心の中をグルグルといまだに回っております。

今の日本を描く、まさに人間模様の作品でした。

当然、その夜はキタを何軒も飲み歩き、

べろべろで帰宅した私でした。(笑)。