10月 27

護られなかった者たちへ

「護られなかった者たちへ」

中山七理の小説を映画化した社会派ミステリー。

東日本大震災から10年後、仙台市の保健福祉事務所課長・三雲の

餓死死体が発見されたが、

笘篠刑事らの捜査は暗礁に乗り上げる。

一方、三雲の死体発見の数日前、一人の模範囚が

出所していた。(キネマ旬報からの抜粋)

79点  見応え十分。

さすが、瀬々監督。でも、原作通りとはいえ

最後の描き方は、ちょっと強引でしたね。

あのままでも、ちょっと物足りなくは感じましたけど、

良かったのではないかなとは、少し思いました。

何せ、清原果耶という実力派女優をなんでこんな役に

抜擢しているのかと、途中で疑問に思いましたもん。(笑)

しかし東日本大震災から10年を経た現在と

生活保護の矛盾などを

豪華な配役で見事に描かれていました。

そして、阪神大震災の被災者としても、いろいろ考えさせられました。

 

漫画家の白土三平さんが、亡くなりました。よく読んでいました。

”カムイ伝” ”ワタリ” ”サスケ” ”忍者武芸帳 影丸伝” ”シートン動物記”などなど。

ありがとうございました。

昨日の皇室、ほっといたれやと思いますが。

小学生の時には、大阪に近鉄、南海。兵庫西宮に、阪神、阪急と

球団がありました。実は、阪急ブレーブスの試合もよく見に行っていました。

今では、阪急と近鉄が一緒のチーム。

オリックスブルーウェーブが西宮から神戸に移り、

阪神大震災のその年にペナントレースを制し、

翌年、日本一に。

仰木監督のもと、イチローらの活躍にチカラをもらいました。

タイガース、次は、暗い真っ暗シリーズ?