10月 07

ミナリ

「ミナリ」

リー・アイザック・チョン監督自らの体験に着想を得て作られた

アメリカに暮らす韓国人移民家族の物語。

1980年代、農業で成功することを夢みる韓国系移民の

ジェイコブは、米アーカンソー州の高原に家族とともに

引越し、希望を見出そうとするが・・・・・・・。(キネマ旬報からの抜粋)

1980年代のお話しとは、思いませんでした。

結構、(韓国人の移民という事が)最近の事なので、意外な感じがしました。

正攻法の演出なんですが、ややストーリー的に

物足りなく感じました。

演出は小津の方法を参考にしているそうですが。

アーカンソー州は全米でも、貧しい州のひとつだそうで、

韓国人は、(黒人らと違い)1965年の移民改正法以降に増えた後発組だそうです。

何もかも異色な感じがして、よく創ったなとは思います。でも、

アメリカ人は、今も、新天地(自然)への旅立ちの憧れは、皆、持っているのでしょうね。

何かの宗教にも頼りたくなるのも、

夫婦仲もケンカが絶えなくなるのも、そして、勝手な父親になるのも

よくわかります。

ミナリ、イコール

野菜のセリの事らしいのですが、二度目の旬が最も美味ゆえ

子供の為に親が身を粉にすること、子供とのために何を残せるか、ということらしいです。

この監督さん、次作は、あの「君の名は。」の

実写版リメイクだそうです。