2月 15

スリー・ビルボード

 

「スリー・ビルボード」

第75回ゴールデン・グローブ賞作品賞を受賞したサスペンス。

7ヶ月前に何者かに娘を殺されたミルドレッド。

一向に捜査が進展しない中、業を煮やした彼女は 寂れた道路の3枚の広告看板に 

警察への批判メッセージを

設置するが、

事態は予想外の方向に向かっていく。(キネマ旬報からの抜粋)

素晴らしいの一言!

早くも、今年度 №1(笑)  83点

特に、演出、脚本、音楽。

悪人ばかりでもないし、善人ばかりでもない。

(もちろん、アメリカばかりじゃないけど)この国は、いろんな問題を含んでいる。

黒人以上ではないかというぐらいの、白人間の差別(LGBTを含めても)。 チキチータがまさか(笑)

監督は、舞台や劇作家として有名な人らしいけど、ユーモアも入れながら、

見事な社会派ドラマを、作ったと思います。

確かに、鹿も害獣。そして、ミズーリ州とは、どんなところか、

勉強させて頂きました。

そして、ラストシーンも感動モノです。

ばらしてしまいますが(ゴメンナサイ)、

行く先は、イラク。

少女を、輪姦し、その一家、5人を皆殺しにした米兵たちのところです。

必見です。

 

http://www.oocf.net/ (おおさかシネマフェスティバル公式サイト)